てっぺんはげの原因を把握して早期改善を!

てっぺんはげの原因究明!改善策をご紹介!

てっぺんはげ

薄毛の悩みは人それぞれですが、男性多くは頭頂部の薄毛いわゆるてっぺんはげで悩む人も少なくありません。

 

同じ薄毛でも、女性が全体的に薄毛になるのに対し男性の場合は頭頂部や前頭部など一部分だけが最も薄くなって進行することが多いとされています。

 

特に、最近如実にてっぺんはげが気になるようになったという人は要注意と言えますので、これ以上薄毛を進行させないためにも早い段階で対策を行っていく必要があります。

 

では、男性のてっぺんはげの原因はどんなことが考えられるのでしょうか。
そしててっぺんはげの対策法についても考えてみましょう。

 

てっぺんはげの原因は?

ハミルトン・ノーウッドの分類

頭頂部の薄毛の原因は、主にDHTが原因であることが考えられ結果的にAGA、つまり男性型脱毛症である可能性が高いとされています。

 

DHTとは男性ホルモンであるテストステロンが毛乳頭細胞付近に存在している還元酵素、5αーリダクターゼと結合することによってDHTに変化してしまいますが、このDHTはテストステロンと比べて数十倍も活性が強いとされています。

 

そのため、頭皮の毛乳頭内の男性ホルモン受容体と結合することで活性力の強いDHTの影響によって脱毛因子であるTGF-βを増加させてしまうことでこの因子は髪の毛が抜けるように指令を出すたんぱく質であるFGF-5に毛乳頭や毛母細胞に向けて髪が抜けるように命令を下すことで結果的に成長途中の髪の毛も抜け落ちてしまうことで薄毛になることが考えられます。

 

つまり、男性ホルモンのテストステロンがDHTに変換してしまうことが脱毛の原因となるのですが、DHTはもともと頭皮に存在しているわけではなく、5αーリダクターゼ還元酵素と結合することで変化してしまい、特に2型と呼ばれる還元酵素が脱毛を進行させると言われています。

 

頭頂部や生え際以外にも還元酵素は存在しているため、本来ならてっぺんはげだけでなく後頭部や側頭部なども薄毛になってしまう可能性があるのに進行しないのはどういうことなのでしょうか。

 

実は、5αーリダクターゼ還元酵素には1型と2型の2種類があり、脱毛を進行させる2型の還元酵素は頭頂部や生え際にしか存在していません。

 

そのため、後頭部や側頭部には1型の還元酵素しか存在していないので男性ホルモンのテストステロンをDHTに変化させることがないために薄毛が進行しないと考えられます。

 

そのため、男性の多くにてっぺんはげが多いのは脱毛を進行させる2型の還元酵素が存在するからと言えるのです。

 

テストステロンがDHTに変化しなければ脱毛が進行することはありませんので、頭頂部や生え際だけが薄いのに後頭部や側頭部はふさふさに髪が生えている人が多い理由は還元酵素の種類によるものというわけです。

 

てっぺんはげの改善方法

仲村医師

てっぺんはげをこれ以上進行させないための改善法としては、テストステロンをDHTに変換させないことが大きな影響を与えると言えますので、2型の還元酵素を阻害することが重要となってきます。

 

AGA専門クリニックなどで処方されることが多いプロペシアは、フィナステリドを主成分とする薬でもともとは薄毛改善のために開発された薬ではなく男性の前立腺肥大の治療薬として開発されたものが2型の還元酵素をブロックする効果があることから薄毛の進行を食い止めるのに効果があるとしてAGA治療薬としても使用されるようになったものです。

 

プロペシアを服用することで2型の還元酵素の働きを食い止めることで薄毛の進行を防ぎこれ以上脱毛させないようにすることが可能なのです。

 

しかし、プロペシアは薄毛の進行を食い止める効果は期待できても発毛を促進する作用はないとされています。

 

頭頂部の薄毛に悩んでいる人の多くは、頭皮が血流不足や栄養不足になって十分に発毛する環境が整っていないことが考えられますので、プロペシアによって脱毛を食い止めることでは薄毛自体を改善させることはできないのです。

 

発毛を促進するには、同じく医療機関で処方されることのあるミノキシジルがおすすめです。

 

ミノキシジルも、もともとは薄毛改善の薬ではなく高血圧の人の降下剤として開発されていたものですが血管拡張作用があるために発毛を促進する作用があるのです。

 

薄毛の進行をプロペシアで改善して、ミノキシジルによって発毛を促進させることで頭頂部の薄毛の対策になると言えます。

 

ただ、これらの薬を使用しても生活習慣も見直していかなければあまり効果がないこともあります。

 

薄毛を進行させてしまう喫煙田アルコールの多量摂取を控えて栄養バランスの良い食事と良質な睡眠を取るようにし、規則正しい生活を心がけることが結果的に薄毛を改善することにつながります。

 

その他に、自律神経やホルモンバランスを乱すストレスを溜めすぎないようにすることや頭皮に優しいシャンプーで正しく洗髪していくのも有効な方法ですので、まずは自分でできることから始めて薄毛改善に努めてみてはいかがでしょうか。

 

「てっぺんはげ」は医学的に治療が出来ます

てっぺんはげになった人の多くは、「遺伝だから仕方がない」「てっぺんはげに似合う髪型にするしかない」と諦めている人が多くいます。
確かに、医薬部外品や化粧品に分類されている育毛剤や育毛シャンプーでは大幅な改善を期待する事は難しいのが現状です。
人によっては、肌に合わない育毛剤を使用する事で、頭皮の状態が悪化して、てっぺんはげが更に進行してしまう人もいます。

 

しかし、てっぺんはげは医学的に治療が可能なので、諦める必要はありません。

 

てっぺんはげ治療の医学的見解

男性脱毛症診療ガイドライン

巷に氾濫している育毛サロンや育毛剤を含めて、日本皮膚科学会は2010年にてっぺんはげを含むAGAに対する見解として「男性型脱毛症診療ガイドライン」を発表しました。

 

基本的に育毛サロンでは「医薬部外品」の育毛剤を使用しており、インターネットで購入できる育毛剤のほとんどは「医薬部外品」に位置しています。
これらがてっぺんはげにどの程度効果があるのかが記されていますが、「医薬部外品」の育毛剤はC1となっています。

 

ガイドラインによると、C1は「行うことを考慮してもよいが,十分な根拠がない」と記されています。

 

男性脱毛症診療ガイドライン2

では、てっぺんはげに対する治療方法として、育毛剤がダメなのかと言うと、そういう訳ではありません。
右の表の通り、軽症のてっぺんはげには、「医薬部外品」の育毛剤を考慮しても良いとなっています。

 

ただし、軽症のてっぺんはげでも「5%ミノキシジル」と「フィナステリド(商品名:プロペシア)」を使用する事が望ましいとも記載されています。

 

また、中等症・重症のてっぺんはげに対しては、「医薬部外品」の育毛剤は使用する事をすすめていません。
「5%ミノキシジル」と「フィナステリド」を使用しないとてっぺんはげを改善する事は困難と言う判断になっています。

 

「5%ミノキシジル」と「フィナステリド」でてっぺんはげを改善するには

日本皮膚科学会が推奨している「5%ミノキシジル」と「フィナステリド」を服用・塗布するためにはどのようにすれば良いかと言うと、AGA治療専門のクリニックに行くしかありません。

 

フィナステリドは、医師でない限り処方する事が出来ないので、市販は禁じられています。
また、皮膚科ではフィナステリド錠は処方してくれますが、「5%ミノキシジル」を処方する事はありません。

 

てっぺんはげに効果がある「5%ミノキシジル」と「フィナステリド」を同時に服用出来るのは、今の日本ではAGA治療専門クリニックだけなのです。

 

「てっぺんはげ」におすすめのAGA治療専門クリニック

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

  • 発毛実感率が99.4%と他のAGA治療クリニックと比べると効果が高い
  • てっぺんはげに効果が高い「Dr’sメソ治療 (AGAメソセラピー)」と言う治療法がある
  • フィナステリドのジェネリック医薬品であれば月に6000円で済む(初月は4200円)
  • 全国主要都市に約50院あり、全ての院が駅に近い
  • オリジナル発毛薬や医療用(育毛)シャンプーも必要に応じて使用出来る
  • カウンセリングは無料

>>AGAスキンクリニックの詳細と口コミはこちら!

 

てっぺんはげを医学的に改善出来ます!
>>AGAスキンクリニック(ホームページ)